農産物は、たくさんの工程と物流を重ねアナタのもとに届きます。残念ながら時間を重ねるごとに鮮度も落ちてしまい、コストもかさんでしまいます。その結果、生産者の所得もあがらないという悪循環もうまれています。そこでTsunaguは様々な企業や団体とコラボレーションして、農産物の「運んで」「集めて」「運んで」をやめてみるプロジェクトを開始します。買い手は鮮度の良いモノをより安く購入でき、生産者にもしっかり還元していく。地元だからできる、新しい企業向け直売のカタチ。まずは神奈川からのスタートです!

保存期間もコストも大幅カット。

企業向けの直売となると、量そして多品種を揃える必要があります。そこで地域JA様とのコラボレーションです。地元で獲れたものだからこそ保存期間、コストを大幅にカットできます。地元で獲れたものが、大都市に一度運ばれ、また地元に戻ってくる・・そんなウソみたいな話しとはもうおさらばです。

どんなモノがどのくらい収穫されるかを事前に買い手に伝える、収穫情報での取引。

農作物は収穫されて初めてその行き場所を探し始めます。収穫後の保存可能期間が極めて短い生鮮品なのにこれって少しおかしくないですか?だから「地元を食べようプロジェクト」は、収穫前の情報を公開してWeb上で取り引きを行います。さらに買い手は欲しい農産物のリクエストもできるんです。買い手企業はしっかりと調達予定がたち、生産者も事前に売り先が見える。ほらっ、これって両方とも嬉しいですね。

オンラインで注文、集配所で受け渡し。コスト、時間を最大限カットできるフード・アセンブリーはじめます。

収穫前の情報をWeb上で買い手に届け、オンラインで注文していただいた作物をあらかじめ指定した場所でお渡し。事前予約だから買い手が欲しい作物をしっかりと確保し、鮮度を落とさずお渡しすることが可能になります。アセンブリー(集配所)には地域JA様の協力を得て、農家から安心な作物をしっかり集めます。価格面も様々な工程がカットされるためコストダウンが可能です。

「地元を食べようプロジェクト」は日本全国に展開していく予定です。まずは神奈川県からスタートします。状況は随時Webにて公開していきます。